ここが知りたい健康情報   「坐骨神経痛」
坐骨神経痛

 腰から足にかけて激痛が走り、ひどいときには歩くこともできなくなるのが坐骨神経痛です。以前は中年以降の病気でしたが、この頃は20代、30代の人にも多く診られるようになりました。働き盛りの人の場合、痛みが長く続くと「もしかして働けなくなるのでは?」との不安で精神的にも落ち込んでしまいます。

■坐骨神経痛とは?
 坐骨神経痛は病名ではありません。おしりから脚の後面にかけて鋭い痛みが走る症状のことです。 坐骨神経は末梢神経のなかで最も太く長い神経で、その経路は腰椎から出て、おしりから大腿後面を下降し、膝の裏で二つに分かれます。そのどこかで圧迫や炎症があると痛みが出るわけです。ひどくなると痺れや感覚麻痺を伴うこともあり、天気の悪い日や、冷えたときなどに悪化する傾向があります。

■坐骨神経痛の原因は?

脊椎に問題がある場合 変形性脊椎症
椎間関節症
脊椎すべり症
脊柱管狭窄症
などで、比較的高齢者に多く見られます。特徴としては、間欠性跛行で、数分歩行するだけで痛みが出ますが、少し休むとまた歩けるようになります。
働き盛りの人ではぎっくり腰や椎間板ヘルニアなどから坐骨神経痛に移行することが多いようです。仕事で1日中座っていることで腰に多大な負担がかかり、疲労が蓄積されてある日突然おしりから太ももにかけての鋭い痛みに襲われてしまうのです。
梨状筋症候群 梨状筋は股関節を足先を外に向けさせるための筋肉で、仙骨から足の付け根に付いており、疲労のために炎症や緊張状態が続くと坐骨神経を圧迫して痛みが出ます。
帯状疱疹によるもの

■坐骨神経痛の治療は?
 坐骨神経痛で整形外科に行くと、シップや牽引療法を行います。ひどい場合には神経ブロック注射をしますが、たいていの場合治らず1年以上通院するケースもまれではありません。それでも治ればよいのですが、一進一退を繰り返しているようで、当治療院の患者さんでは、2年・3年経過してからの人も多く、疲れ切って藁をも掴みたい思いで来院されているようです。また、整体などで乱暴な治療を受け、悪化しているケースも増えてきました。

■鍼治療
 来院してくださった患者さんには少しでも楽になって帰ってもらいたい。私が鍼を持つとき、いつもその思いでいっぱいです。まず、痛みをとるために腰部から太ももの後ろ、足先まで痛みがあるときには足先にかけて低周波通電を行います。これは鍼に通電することで神経の異常興奮を抑える目的の治療です。その後疲労した筋肉を和らげる目的で神経経路に沿って丁寧なマッサージを行います。また、坐骨神経には運動神経・感覚神経・自律神経が含まれていますので、脈を診て自律神経の調節を行います。治療回数は早くて3回程度ですが、楽になった時点で治療を止めてしまうとぶり返してしまい最初から治療をやり直すことにつながります。治療の目安は10回程度ですが、時間はかかってもきちんと治してぶり返さないようにすることが肝心です。鍼治療が他の治療に優れていることは、1度で治すことはできなくても、帰りには「ああ、楽になった」と言ってもらえることでしょう。私が鍼灸師になってよかったと思うのはこんなときです。


■坐骨神経痛の予防
 散歩や水泳など運動をして下肢の筋肉を鍛えましょう。会社の帰りなど一駅手前で降りて歩くなどの工夫をするとよいでしょう。次に体重の管理が大切です。体重が重くなると腰への負担が増加し椎間板ヘルニアを起こしやすくなります。また、下肢の筋肉の負担も増加し、結果として坐骨神経痛を発症してしまうことにつながります。坐骨神経痛になると痛みで歩くことが苦痛になり、その結果として体重が増加する。この悪循環を断ち切るためにも毎日のウォーキングをぜひ心がけてください。

ここが知りたい健康情報へ

ホームへ


Copyright (c) 2003 高原治療院 All rights reserved.
inserted by FC2 system