ここが知りたい健康情報   「低体温症」
低体温症
 朝起きられない。頭重や肩こりがある。なんとなく元気が出ない。こんな症状のあなたは低体温症かもしれません。現代人の体温は昔に比べ1℃も下がっているといわれています。小学校の保健室にやってくる子どもたちの体温を測ると、35℃を下回っていることもあるそうです。私が子どものころには熱が出て保健室に行くことはあっても、熱が出ないから保健室に行くなど考えられないことでした。

■原因
 それではなぜ現代人の体温が下がっているのでしょう。

冷暖房の完備 私たちのからだは眠っているときでも心臓や肝臓などの臓器が動くことでカロリーを消費しながら発熱して体温を一定に保っています。これを「基礎代謝」といいます。しかし冷暖房が完備することで、本来持っているはずの「体温を常に一定に保つ力(ホメオスタシス)」を働かせる必要がなくなってきているのです。つまり基礎代謝が落ちているわけです。基礎代謝は年齢とともに落ちてきます。若い人では基礎代謝が高いので体温も高いのですが、高齢者は基礎代謝が低いので当然体温も低めです。
運動不足 移動はいつも車、遊びはテレビゲーム、そして塾通い。これでは熱を産生する筋肉がどんどん少なくなってしまいます。筋肉は人間の体重の約45%で、そのうち70%が下半身にあります。筋肉は体温の40%を産み出しているとされていて、エネルギーをどんどん使って基礎代謝を上げる役目をしているのです。
お腹を冷やす アイスクリームや清涼飲料水などの冷たい食べ物のとりすぎ、シャワーだけですませお風呂でゆっくり身体を温めないなど冷える生活に傾いています。

■低体温症の怖さ

それではなぜ低体温は怖いのでしょう?
体温が1℃低下すると免疫力が37%低下します 免疫力は生きる力です。免疫力が低下してしまうと、アレルギーや感染症などに罹りやすくなるだけではなく、ガンやその他重篤な病気のリスクも高まります。ガン細胞やウイルスは、体温が35℃前後のときが最も活発に増殖しやすいといわれているのです。私たちは風邪のときに熱を出します。それは熱を出すことで免疫力を高め細菌やウイルスを退治しようとしているのです。
基礎代謝が12%低下します 脂肪が燃焼しにくくなり、太りやすい体質になってしまいます。つまり同じ食事量ではどんどん太ってしまうのです。しかも運動不足でカロリーの消費量が少なかったり、アイスクリームや清涼飲料水などでカロリーを取りすぎるとダイエットどころではありません。
体内酵素の働きが50%まで低下します 体内には消化酵素と代謝酵素の2種類があります。消化酵素の働きが落ちると栄養素を吸収できなくなるために身体が弱ってしまいます。代謝酵素が不足すると、解毒作用が弱まる、神経やホルモン系のバランスが崩れる、免疫や自己治癒力が弱まるなど、生命維持活動に支障をきたします。

■予防、改善
運動 最近汗をかいてますか?車を使わずに歩きましょう。下半身の筋肉を動かすことで体温が上昇するとともに、汗をかくことでデトックスもできます
冷暖房は弱めに 寒さ暑さを経験することで、自分で体温をコントロールできるようにしましょう。自分で体温がコントロールできないということは、恒温動物から爬虫類などの変温動物に逆戻りしてしまうことです。環境破壊のことを考えると、一石二鳥ですね!
身体を温める食べ物を摂る 水分や果物の摂りすぎは身体を冷やすのでほどほどに。一般に根菜類は身体を温めますし、北国で取れた野菜はより身体を温める効果があります。また、にんにくや生姜やねぎなどの薬味や、唐辛子などを上手に使いましょう。
ぬるめのお風呂にゆっくり入る シャワーでは身体が温まりません。ぬるめのお風呂でゆっくり温まりましょう。また、半身浴や足湯もお勧めです。お風呂上りには身体が冷えないように注意します。
規則正しい生活をする 今の子どもたちは夜更かしです。これでは授業のときにぼぉっっとしてしまいます。早ね早起きを心がけ、体温の上昇が日中にくるようにしましょう。

■鍼治療
 鍼灸で血液循環が良くなれば当然体温も上がります。また、鍼灸には自律神経のバランスを整え、免疫力をアップさせる効果があります。
 私たちの身体には「経絡(線路)」という「気(エネルギー)」の通り道があり、その経絡を結んでいるのが「ツボ(駅)」です。「気」は「血」を動かす原動力でもあり、気が滞れば血も滞るので、ツボを刺激することによって気血の流れをスムーズにすることができます。東洋医学では昔から「汚血」が万病の原因と考えられていました。ようするに血液循環がスムーズであれば自然治癒力が働いて病気が治るとされたのです。

 アトピー性皮膚炎、花粉症、潰瘍性大腸炎など免疫異常による病気が増えています。また、不妊症のカップルもとても多くなりました。原因不明といわれてますが、低体温が要因の一つになっているとは考えられないでしょうか!

ここが知りたい健康情報へ

ホームへ


Copyright (c) 2003 高原治療院 All rights reserved.
inserted by FC2 system