ここが知りたい健康情報   「月経前症候群 (PMS:premenstrual syndrome)」
月経前症候群 (PMS:premenstrual syndrome)

 月経前症候群(PMS)という疾患名を聞くようになったのは最近のことです。私が学生のころには、月経困難症や無月経については授業で教わりましたが、月経前症候群(PMS)には一言も触れられませんでした。しかし、 興味深いことに、漢方の古典「傷寒論(しょうかんろん)」のなかにも、月経前症候群という名前こそ出てきませんが、「ふつうの状態ではない状況が、月経が始まるともとに戻る」というふうに書かれていて、漢方処方が記されています。このことからも、大昔から月経前症候群(PMS)が存在していて、多くの女性を悩ませてきたことが推測されます。さすが傷寒論だなあと感心してしまいます。
 月経前症候群(PMS)とは、排卵後から月経直前の時期にかけてさまざまな体調不良や精神的な症状に悩まされるというもので、月経が来たとたんにそれらの症状がすっかり消えてしまうという症状です。排卵後から2週間近く具合が悪い人もいれば、月経直前の1日だけ寝込んでしまうという人もいます。
 原因ははっきりしていませんが、排卵を終えると卵胞ホルモン(エストロゲン)に変わって、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌がさかんになります。そして妊娠しなかったときは、黄体ホルモンの分泌が急に減り、ふたたび卵胞ホルモンの分泌が増えてきます。このように排卵から月経までは女性ホルモンの分泌のバランスが大きく変化するため、さまざまな症状が起こってくるのではないかと考えられています。

■PMSの症状
体に現れる症状
腹部膨満感(お腹の張り)・腹痛・便秘・下痢・吐き気・頭痛・乳房痛・乳房の張り・腰痛・過食・食欲不振・肩こり・むくみ・めまい・肌荒れ・ニキビ・動悸など
心に現れる症状
抑うつ症状・イライラ・不安感・集中力の低下・無気力・疲労・睡眠過多・不眠 など

■PMSの治療と予防
低用量ピルの服用
ピルは避妊にも用いられる女性ホルモン剤で、妊娠時に分泌されるエストロゲンとプロゲステノーゲンを少量含有しており、体のホルモンバランスを妊娠している状態に似たようにして排卵を抑制する薬です。避妊効果の他にPMSや生理痛軽減などの効用もあります。
その他対症療法として、 痛みには鎮痛薬、むくみには利尿薬、精神症状には抗不安薬や抗うつ薬、睡眠導入薬など、症状に応じた薬が処方されます。
食生活の改善
PMSの症状が現れる時期は栄養バランスの乱れが不調に直結することもあるので、食生活の改善も治療の一環となります。積極的に食べたい食品と、逆に避けた方がよい食品には下記のようなものがあります。
・積極的にとりたい食品として、豆類(豆腐・納豆・みそ)、緑黄色野菜(ニンジン・カボチャ・ホウレン草)、海藻類(昆布・ワカメ・ひじき・海苔)、植物油脂(オリーブ油・大豆油・サフラワー油)、種実類(ゴマ・落花生・アーモンド)、精製していない穀類(玄米・そば)
・避けたい食品として、砂糖、塩分、カフェイン、アルコール、添加物などがあげられます。
ストレスをためない
ストレスは月経前症候群(PMS)に影響を及ぼすものであることは明らかです。月経の前にはセロトニン・βーエンドルフィンが低下することが知られています。この月経前のセロトニンやβーエンドルフィンの低下が精神症状が出る原因ではないかという説も有力視されているのです。
運動
有酸素運動をしている女性のほうがPMSの症状が軽くなる傾向があるようです。
サプリメント
テアニンを含む飲料は精神バランスの乱れを感じたときに利用すれば、感情を落ち着けてくれます。γ-リノレン酸はホルモンバランスを整える手助けをしてくれます。チェストツリー(イタリアニンジンボク/セイヨウニンジンボク)はホルモンバランスを正常化するハーブで、母乳の出を良くしたり、不妊治療にも使われてきました。

 その他月経前の過ごし方に工夫をすることも大切です。ハードなスケジュールを入れない、リラックスする時間を作る、睡眠や休息をたっぷりとるなど、少し余裕を持って過ごすようにしたいものです。

■月経前症候群の鍼治療
 月経前症候群(PMS)は最近注目され始めた症状です。しかし上にも述べたように、傷寒論にはすでに明記されているのですから驚きです。PMSの症状は多岐にわたります。まず、ホルモンのバランスを整えることから始めます。いつものように手首の脈を診て(脈診)12経絡の乱れを丁寧に調整します。その後個々の症状に応じた治療を開始します。首や肩・背中のコリを取り去る鍼、便秘や下痢に対しては腹部や背中・手足のツボを使います。患者さんの辛い症状を一つ一つ取り去っていくことが鍼灸師の役目だと考えています。


ここが知りたい健康情報へ

ホームへ


Copyright (c) 2003 高原治療院 All rights reserved.
inserted by FC2 system