ここが知りたい健康情報   「脳卒中」
脳卒中
 脳には、身体全体の約30%の血液が必要だと言われています。つまり、何らかの原因、たとえば、脳の血管が詰まったり破れたりして、血流が不足して酸素が行きわたらなくなると、脳細胞は大きなダメージを受けてしまうのです。その結果として、急に倒れて意識がなくなったり、半身の麻痺が起きたり、ろれつが回らなくなったりする発作が起きます。これが「脳卒中」です。

脳卒中には次のタイプがあります。

脳梗塞。
 脳を養う血管が詰まるタイプで、次の3種類があります。
アテローム血栓性梗塞 脳の太い血管の内側に、どろどろのコレステロールの固まりができ、そこに血小板が集まって動脈をふさぎます。
ラクナ梗塞 脳の細い血管に動脈硬化が起こり、詰まってしまうものです。
心原性脳塞栓症 心臓にできた血栓が流れてきて血管をふさいでしまいます。

脳出血。
 脳の中の細い血管が破れて出血し、神経細胞が死んでしまうタイプ。高血圧や、年をとって脳の血管が弱くなり、血管が破れることが原因となる場合が多く、日中に起こりやすく、頭痛やめまい、半身マヒ、意識障害などが起こります。

くも膜下出血。
 脳をおおっている3層の膜(内側から、軟膜、くも膜、硬膜)のうち、くも膜と軟膜のあいだにある動脈瘤が破れ、膜と膜の間にあふれた血液が脳全体を圧迫するもので、突然激しい頭痛、嘔吐、けいれんなどが起こりやすく、意識がなくなり急死することもあります

■脳卒中が起きたときの対応は?
頭を高くしないで適当な場所に静かに移します。 意識が無い時に頭を高くすると、頸が前方へ曲がってしまい、舌が喉の奥の方に落ち込んでいき、呼吸がうまくできなくなります。
救急車を呼びます。そのときできるだけ詳しく現在の状態を伝えます。
どんなに軽い脳卒中でも入院が原則です。できれば脳卒中専門病院が望ましいのです。一般病棟に入院した患者さんと、脳卒中集中治療室に入院した患者さんの予後が大きく違うことが分かっています。

■卒中には前触れはあるの?
 一過性脳虚血発作(TIA)がそれです。症状は脳卒中と全く同じですが、数分から十数分、長くても1日以内に完全に良くなって元に戻ってしまいます。一時的に片方の目が見えなくなったり、ろれつがまわらない、半身がいうことをきかなくなるなどの症状が起こります。 最大の原因は首にある頸動脈の動脈硬化で、その表面に血栓が付着しやすくなり、なにかの拍子にそれが離れて流れて行って脳の動脈に引っかかったり、目に行っている動脈に引っかかったりするのです。


■脳卒中の予防は?
 脳卒中は生活習慣病です。まず、血圧を正常に保つことが大切です。正しい食生活、食塩や糖分を減らし、動物性脂肪を摂り過ぎないことでコレステロール値を下げましょう。そして、ウォーキングなど有酸素運動をする習慣を身に着けます。また、上手にストレスを発散するように心がけましょう。 血管は加齢とともに弾力性が落ちていきます。年齢が上がると発症しやすくなりますので、定期的に脳ドックによる検査を受けることをお勧めします。

■脳卒中の治療
 脳卒中は、早期の治療、リハビリ訓練が決め手です。発作時の治療が終わって落ち着いたら直ちに始めます。と言いたい所ですが、わが国では選ぶ病院によってリハビリを始める時期にかなりの差があります。現在寝たきりで介護を必要としている人の大多数は、早期にリハビリを開始していれば防ぐことができたと考えられています。高齢者の場合、麻痺した側の手足はともかく、寝たきりでいる時間が長ければ麻痺していないはずの手足ですらうまく動かせなくなってしまうのです。

■脳卒中の鍼灸治療
 脳卒中でも、他の病気でも、東洋医学では同じ考え方をします。まず、12経絡の虚実と、自律神経の状態を診察する目的で脈診を行います。脈診は手首の動脈に両手の3本の指(人差し指・中指・薬指)を当てて行います。私たちの身体には「経絡(線路)」という「気(エネルギー)」の通り道があり、その経絡を結んでいるのが「ツボ(駅)」です。「気」は「血」を動かす原動力でもあり、気が滞れば血も滞るので、ツボを刺激することによって気血の流れをスムーズにし、12経絡の調整を行います。現代医学的に言うと、自律神経・ホルモン・免疫の調整、血液循環改善、自然治癒力を取り戻す目的で刺鍼するわけです。高齢者は日中の活動不足から夜眠れないなど自律神経が乱れています。この自律神経の乱れが血圧を上げてしまう原因でもあるのです。経絡治療で自律神経の乱れを整えることで何種類も服用している薬の量を減らすこともできると考えられます。また、鍼の鎮痛効果で痛みが和らぎ、快感ホルモンであるβ-エンドルフィンやセロトニンの分泌を促し、拘縮している関節や筋肉をマッサージすることで、リハビリ時の痛みを軽減し、動きをよくすることは「quarity of life = QOL(生活の質)」を高めることが期待されます。

■脳卒中と介護保険
 40歳以上の脳卒中患者さんで、何らかの介護が必要な場合には介護保険が適応されます。通所によるリハビリや訪問リハビリなどを上手に利用して身体の機能アップを図りましょう。また、住宅に手すりを取り付けたり、段差を解消したり、車椅子や介護用ベッドなどを利用して QOL (生活の質)を高めるようにしましょう。いずれにしても、お住まいの福祉課などで相談してみましょう。

ここが知りたい健康情報へ

ホームへ


Copyright (c) 2003 高原治療院 All rights reserved.
inserted by FC2 system