ここが知りたい健康情報   「夏ばて」
夏ばて
 日本の夏は気温が高いだけではなく、湿度が異常に高いため体調管理が難しいといえます。朝起きてもすっきりせず、身体がだるかったり、食欲が低下して冷たいものばかりが欲しくなります。いわゆる身体が高温多湿についていけずに慢性疲労状態に陥ってしまうのです。

■原因
睡眠不足 熱帯夜が続くと暑さのためになかなか眠れなかったり、何度も眼が覚めたりすることで睡眠不足になり生活のリズムが乱れてしまいます。
ミネラル分の不足 私たちの身体は、通常体温が36〜37℃のときにもっとも活発です。気温が上がると汗をかいて体温を下げようとしますが、汗には大量のミネラル分が含まれているために、体内のミネラル分が不足しがちになることでバランスを崩してしまうのです。
栄養の吸収が悪くなる 暑いと冷たい飲み物が欲しくなることで、胃腸が冷え、消化酵素の働きも悪くなり、お腹を壊したり、食欲が低下したりします。
冷房が強すぎる 日本の夏は高温多湿のためクーラーは必需品です。しかし冷房が強すぎると室内と外気温の差が大きくなり、体温調節が間に合わなくなります。また、身体は夏モードになっているため、気温が下がりすぎると対応しきれなくなり自律神経のバランスを崩してしまうのです。ようするに自律神経のバランスが崩れることが夏ばての原因なのです。

■症状
 夏ばてになると身体がだるくなります。その他、頭痛や立ちくらみ、食欲不振、集中力の低下なども起こってきます。
 夏ばて対策
規則正しい生活 夏はイベントの多い季節なので、いつもとは違うリズムになりがちです。しかも熱帯夜が続くと睡眠不足になってしまいます。できるだけいつもと同じ時間に就寝するようにしましょう。また、クーラーを上手に使って(冷えすぎないように注意して)快適な睡眠を取りましょう。
栄養のバランスを 夏はアイスクリームやジュース、さっぱりしたそうめんなど冷たい飲み物や食べ物が多くなります。汗をかいた身体はたっぷりのミネラルやビタミンを必要としています。野菜や果物、肉や魚など調理に工夫してきちんと摂るようにしましょう。
冷房病の予防 異常なだるさや頭痛、手足の痛みや筋肉痛は冷房病かもしれません。寝室の冷房は弱めにしましょう。入浴もシャワーばかりではなく、たまにはゆっくり湯船に入って冷えた身体を温めましょう。
運動をして筋肉をつけましょう クーラーは日本の夏には必需品です。しかし女性は男性と比べてクーラーが強すぎると感じているようです。その理由は筋肉の少なさからきています。筋肉が少ない人は体温が低く、自律神経のバランスを崩しがちです。また、だるいからと動かずにいると血液の循環が悪くなってしまい、ますますだるくなってしまうのです。

■治療
 今時は病院へ行くとたくさんの検査を受けることが多くなりました。夏ばてで、だるさや頭痛で病院へ行って、1日かけてたくさんの検査をされたあげく、特にこれといった原因が見つからないことが普通です。それに対して鍼灸医学は、はっきりとした異常に対する治療だけではなく、一人ひとりの体質や生活習慣などの視点から治療方針を決定して行なう治療なので、なんとなく体の調子が悪いというような不定愁訴の治療が得意なのです。脈を診て、12経絡の虚実を判断し、全体の調整を図ります。五臓六腑の状態は全て脈に現れます。脈の微妙な変化を観察しながら注意深く刺鍼することが重要になるのです。つまり、12経絡の調整を行うことで、現代医学的には自律神経・ホルモン・免疫の調整、血液循環改善、自然治癒力を高める治療をしているわけです。その結果として、食欲低下の予防、頭痛や立ちくらみの改善、疲労回復など多くの症状の治療ができるのです。
 当治療院ではアイソトニックサウンドやリラシックサウンド、オルゴールや自然音などリラクシングミュージックをBGMに使うことで患者さんができるだけリラックスした状態で治療を受けられるように心がけています。

ここが知りたい健康情報へ

ホームへ


Copyright (c) 2003 高原治療院 All rights reserved.
inserted by FC2 system