ここが知りたい健康情報   「メニエール病」
メニエール病
 メニエール病はめまいを起こす代表的な病気の一つで、厚生労働省の特定疾患にも指定されています。30歳代〜50歳代の働き盛りの男性に多い傾向があり、複雑な人間関係や強い責任感、労働時間が長いなど過労やストレスにさらされていることが発病のきっかけになっているようです。

 耳は外耳、中耳、内耳に分けられます。内耳は骨と膜の二重構造になっていて、膜の内側はリンパ液(内リンパ液)で満たされており、その中に、音を感じる蝸牛や回転運動を感知する三半規管、直線加速度や位置感を感じる耳石があります。メニエール病は、内リンパ液の調整がなんらかの原因で過剰になって内リンパ水腫を起こし、神経を圧迫し、めまい、耳鳴り、難聴などのさまざまな症状を伴う病気です。ストレスは水分排泄を制御するホルモンを過剰に分泌させてしまい、それが続くと、内耳のリンパ液が排泄されず、メニエール病へと移行する可能性が高まるのです。

症状
 めまいは非常に激しく、まわりがぐるぐる回り(回転性めまい)、これが20−30分から長いときは半日くらい続くこともあります。めまい発作の間隔は人によってさまざまで、毎週のように発作をおこす人もいますし、何年かに1回という人もいます。めまいが軽いときには、物が流れる感じがしたり、体がグラグラ・フラフラすると感じることもあります。また、めまい発作と前後して、耳がつまった感じや、耳鳴り、難聴が起こったり、吐き気や嘔吐、冷や汗、血圧の変動など自律神経症状も起こります。
 はじめのうちは発作がないときには聴力はもとに戻りますが、めまい発作を何回もくり返しているうちに、聴力は次第に悪くなり、もとに戻らなくなって、耳鳴りも持続するようになってしまいます。

■診断
 めまいを起こす病気にはさまざまなものがありますが、
回転性のめまいで何度も発作を繰り返す
めまいに耳鳴りや難聴を伴う
他にめまいをおこす耳や脳の病気がない
 などを考慮して診断が確定されます。

■治療
 発作直後は安静にし、メイロン、制吐剤、抗ヒスタミン剤、精神安定剤、抗めまい剤、利尿剤、末梢循環改善剤、ステロイドなどを投与します。

■鍼治療
 西洋医学では今のところメニエール病を根本的に治す治療法を見つけることができずにいます。それだからこそ特定疾患に指定されているわけです。
 メニエール病で来院された患者さんの問診では、しばしば過労、睡眠不足、何らかのストレスを感じておられる方がほとんどです。ストレスは自律神経のアンバランスをまねき、肩凝り/頭痛/めまいに繋がります。肩凝りがひどくなると、椎骨動脈が圧迫され、三半規管の血流が悪くなり機能低下に陥ります。また、ストレスは水分排泄を制御するホルモンを過剰に分泌させてしまい、それが続くと、内耳のリンパ液が排泄されず、メニエール病へと移行する可能性が高まるのです。
 鍼灸は自律神経を調整し、血圧を安定させることのできる治療法です。肩凝りを和らげ、リラックス効果によりストレスを解消します。
 まず、12経絡の虚実と、自律神経の状態を診察する目的で脈診を行います。脈診は手首の動脈に両手の3本の指(人差し指・中指・薬指)を当てて行います。脈を診ながら12経絡を調整することは、現代医学的に言うと、自律神経・ホルモン・免疫の調整、血液循環改善、自然治癒力を取り戻す治療を行っていることになります。
 また、頚や肩凝りがひどくなると、椎骨動脈が圧迫され、三半規管の血流が悪くなり機能低下に陥ります。首から肩にかけての丁寧な鍼やマッサージで内耳の血流を改善することはメニエール病の根本治療につながると考えられます。
 次に、めまいを頻繁に起こす患者さんの頭部を診ると、側頭部にうっ血が診られることが多く、うっ血をとる鍼治療で、めまいや頭重がすうっと楽になったと喜んでお帰りになります。
 当治療院ではアイソトニックサウンドやリラシックサウンド、オルゴールや自然音などリラクシングミュージックをBGMに使うことで患者さんができるだけリラックスした状態で治療を受けられるように心がけています。

日常生活アドバイス
/臾音間を十分にとり、過度な過労を避け、リズム感のある規則正しい生活を送りましょう。
⊆分なりのストレス解消術を見つけ、心身ともにリフレッシュしましょう。
その他、「自律神経失調症」、「めまい」の項を参照してください。

ここが知りたい健康情報へ

ホームへ


Copyright (c) 2003 高原治療院 All rights reserved.
inserted by FC2 system