ここが知りたい健康情報   「更年期障害」
更年期障害
 更年期は誰にでも訪れる身体の変化です。思春期に生理が始まり、性成熟期(子どもを産むことができる時期)から、老年期へと移り変わろうとする時期を指します。
 更年期とは、月経がなくなる閉経を境にした前後の通算10年間くらいの時期のことで、日本人女性の場合、平均閉経年齢が、約50歳といわれていますので、だいたい45〜55歳の間と考えられます。更年期に差し掛かると、急激にエストロゲン(卵胞ホルモン)が低下し、自律神経が不安定になり、いわゆる(不定愁訴)といわれるさまざまな症状が起きてきます。しかし、誰にでも更年期障害が現れるわけではありませんし、若年性更年期障害といわれるように、年齢の幅にもかなり個人差があるのです。

■更年期障害の症状
 顔がほてったりのぼせる。熱くもないのにひどく汗をかく。心臓がどきどきする。その他、頭痛、めまい、肩こり、不眠、筋肉痛など多種多様な症状が現れます。
 また、精神的なものとして、理由もなく憂鬱になったり、いらいらしたり、ときには自信喪失に陥り、何も手に付かなくなってしまうこともあります。いわゆる自律神経失調症の状態になってしまうのです。自律神経、ホルモン調節、感情コントロールの三つの機能は、視床下部(ししょうかぶ)に存在し、お互いが密接に影響しあいながらコントロールしています。

■更年期障害の治療
 まず、更年期障害と紛らわしい疾患を除外する必要があります。その上で、西洋医学的には、ホルモン療法や精神安定剤投与が行われます。

■更年期障害の鍼灸治療
 
東洋医学的には、更年期障害は、気、血、水のバランスの乱れと捉えます。ですから、脈診をして、12経絡の虚実を判断し、全体の調整を図る必要があります。特に、生命力減退による冷え、腰痛、疲れ、めまいなどの(腎虚タイプ)には、生命力を補う鍼治療が効果を発揮します。 こう書くと、雲を掴むようですが、多様な症状の場合、西洋医学ではたくさんの薬が投与されてしまうのが普通です。漢方では、いちいち症状にとらわれるのではなく、身体全体を診て判断できるので、個人個人に合った適切な治療ができるわけです。人間も自然の一部と考える東洋医学だからこそ、副作用のない優しい治療ができるのです。次に、症状に応じて、頚・肩・背中・腰部のこりや脚のむくみに対し鍼やマッサージを行います。 当院は女性の立場で診察し、治療を行っています。いろいろなおしゃべりの中で女性だからこそ分かり合えることもたくさんあると思います。リラックスして受ける鍼治療はとても気持ちの良いものです。
 当治療院ではアイソトニックサウンドやリラシックサウンド、オルゴールや自然音などリラクシングミュージックをBGMに使うことで患者さんができるだけリラックスした状態で治療を受けられるように心がけています。

■更年期障害の予防
 仕事や趣味を持っている人は、更年期障害も軽いといわれています。また、この時期は、生活習慣病を発症しやすい時期とも重なりますので、食事や運動、リラックスなど健康的な生活を心がける必要があります。更年期後の女性にとって、もっとも危惧すべきことは、骨粗鬆症、高脂血症、老人性痴呆です。更年期を上手に乗り切り、将来寝たきりにならない人生にしましょう。
 それには、
,しゃれをして、友人とどこかへ出かけて楽しんだり、熱中できる趣味を持ちましょう。
△罎辰燭蠅靴織丱好織ぅ爐筺一人で過ごす時間を作りましょう。
ウォーキングや水泳など、軽い運動をしましょう。
け分や脂肪を控え、バランスの取れた食事、特にカルシュームを摂りましょう。
サ則正しい生活習慣を身に着け、睡眠をきちんととりましょう。

■更年期の考え方

 人生80年、いいえ、90年とも言われています。平均寿命が伸びた現代でも、閉経年齢はほとんど変わっていません。つまり、閉経後の人生が伸びたということです。更年期を老年期の入り口と考えてしまうのは、とても残念なことだと思いませんか?
 更年期を(第2の人生への船出のとき)と考えたらどうでしょう。更年期の女性には、それまでの人生で蓄えた経験や知識があるはずです。やりたいと思いながら家事や子育てに追われてできなかった趣味、経験を重ねたからこそ得られる豊かさ、そう考えると、これからの人生がより楽しくなると思うのですが……!

ここが知りたい健康情報へ

ホームへ


Copyright (c) 2003 高原治療院 All rights reserved.
inserted by FC2 system