ここが知りたい健康情報   「自分でできる健康チェック」
自分でできる健康チェック
 便や尿は健康状態を知るための貴重なデータです。今回はその貴重なデータを上手に使って健康チェックをしてみましょう。

■便のチェックポイント

色のチェック 便の色は大腸を通過する時間で決まります。通貨時間が短ければ黄色、長くなるにしたがって黒っぽくなります。血液が混じっていたり、タール状なら危険サインと考えましょう。通常の便は胆汁が混じっているために茶褐色や黄色っぽい色をしています。
(灰白色の便)
脂肪分を摂りすぎると便が灰白色になることがあるので、そのような食事に心当たりがあれば大丈夫です。しかし、肝臓・胆嚢・すい臓に異常がある場合には胆汁が腸に流れなくなって便が白っぽくなることがあるので要注意です。
(赤っぽい便)
便の表面だけに血がついている場合は痔の可能性が強いと考えてよいでしょう。しかし、便全体が赤い場合には便そのものに血が混じっていると考えられます。大腸からの出血があると思われますので、内視鏡などの検査を受けたほうがよいでしょう。
(黒っぽい便)
抗生物質や鉄材の服用で便が黒っぽくなることがあります。しかし、タール状の便が出た場合は上部消化管からの出血を疑ったほうがよいでしょう。胃・十二指腸潰瘍やガンの可能性もあります。
形のチェック 便に含まれる水分量や腸内の環境によって決まります。バナナ状や半ねり状の便が理想的です。ころころとしたウサギの糞のような便は便秘勝ちの人に多い形です。下痢になると水分が多いので形がなくなります。形で気をつけたいことは、急に便が細くなったときです。直腸がんの可能性もあるので内視鏡などで検査してもらいましょう。
匂いのチェック 匂いは食事によってかなり影響を受けます。食事のバランスばとれている場合には便の匂いは気になりません。動物性食品が多いと臭い便になります。なお、腐敗したような匂いがする場合にはガンの可能性があるのでできるだけ速やかに診察を受けましょう。

■尿のチェックポイント
色のチェック 尿の色は水分量で決まります。水分が多いと薄くなり、汗を書いたり水分を摂らずにいると濃くなります。ビタミン剤や薬でも色は変化します。ビールを多飲したときには無職に見えることもあります。普通は黄色で、胆汁に含まれるビリルビンの色素で黄色に染まります。
(黄褐色)
汗をかいたり水分量が少ないと色が濃くなって黄褐色になります。しかし、肝硬変や肝臓がんでもビリルビンが大量に含まれることで黄褐色になることがあるので要注意です。
(乳白色)
尿路感染症や膀胱炎などで乳白色になることがあります。しかし、腎臓ガンや膀胱ガンでも乳白色になることがあるので要注意です。
(赤っぽい色)
赤っぽい色素を含んだ飲食物でも尿が赤っぽくなることがあります。しかし、明らかに血液が混じっている場合には腎臓や膀胱などの病気が疑われますので速やかに受診しましょう
痛みのチェック 排尿時に痛みを感じるときには尿道炎や膀胱炎、男性では前立腺の病気が考えられます。
匂いのチェック 尿にはわずかですがアンモニアが含まれているためにかすかにアンモニア臭がします。朝などは尿の匂いが強いと感じることもあります。悪臭がする場合には何らかの感染症が疑われます。また、糖尿病では甘い匂いがすることがあります。

■口臭のチェック
(卵が腐ったような口臭) 胃炎や胃潰瘍・十二指腸潰瘍では消化が悪いために胃腸内で食べ物が異常発酵して、卵が腐ったような悪臭がします。
(ネズミ臭) 慢性肝炎などで肝臓の働きが悪くなると、分解されない臭い物質が血液中に混じって体内に毒素が充満します。口の中が苦くなり、ひどい場合にはカビのような臭いがするようになります。
糖尿病では糖の分解が進まず口臭は甘酸っぱくなります。
気管支炎・肺炎・蓄膿症・アレルギー性鼻炎などでは鼻や喉・気管支が化膿することで腐肉のような匂いがすることもあります

身体はちゃんとサインを出しているのです。あなたがそのサインにいち早く気づけば病気は未然に防ぐことができるでしょう

ここが知りたい健康情報へ

ホームへ


Copyright (c) 2003 高原治療院 All rights reserved.
inserted by FC2 system