ここが知りたい健康情報   「風邪」
風邪
 風邪は誰もが経験するありふれた病気です。挨拶代わりに「風邪を引かないように大事にしてね」などと言い合ったりします。風邪は病名というより、上気道(鼻・咽頭・喉頭・気管)の粘膜の炎症が起きることにより、鼻水や鼻づまり、咳やくしゃみ、喉の痛み、悪寒、発熱、関節痛、下痢、腹痛などさまざまな症状をともなうもので、専門的には「風邪症候群」と呼びます。
 原因の80〜90%はウイルスで、原因となるウイルスは200〜300種類もあるともいわれ、代表的なのは季節に関係なく鼻風邪を起こすライノウイルスやコロナウイルスです。
みなさんは風邪を引いたかな?と思ったときにどのようにしますか?市販の総合感冒薬を服用する。温かくして早めに床に着く。卵酒を飲むなどでしょうか?
 このコラムでは風邪に罹ったときの対処法と、風邪に罹りにくい身体を作るために何が必要かをお話します。

■風邪薬
 みなさんは喉が痛かったり鼻水が出て「風邪かな?」と思ったときどんな薬を使いますか?家にある常備薬を飲んで早めに布団に入るなどするのでしょう。しかし、上にも書きましたが風邪の原因はウイルスです。今のところインフルエンザ以外の風邪ウイルスに効果のある薬はまだ開発されていないのです。ですから風邪薬は症状を抑える対症療法ということになります。たとえば発熱や頭痛には解熱鎮痛薬、鼻水鼻づまりには抗ヒスタミン薬、咳がひどければ咳止めということです。では、上に挙げた症状があるときすぐに薬を使ったほうがよいのでしょうか?
 風邪は基本的には自然に治るものです。体力や免疫力があれば治りも早いし風邪に罹るリスクも小さくなります。発熱はウイルスと戦っている証拠ですし、痰は風邪と戦って壊れた白血球です。ですから薬を使うことで風邪の治癒が遅れてしまうと考えるのが正しいのです。もちろん高熱や辛い咳や下痢などで体力が消耗してしまうようなら上手に薬を使うことは必要です。また、以前は風邪のときに抗生物質が投与されることが多かったと思いますが抗生物質は細菌には効きますがウイルスには全く効果はなく、むしろ抗生物質の効かない耐性菌を産み出すリスクを考えると使わないほうがよいでしょう。
 風邪薬の種類
解熱鎮痛薬 発熱、頭痛、関節痛に用いられる。副作用として、胃腸障害や薬剤性喘息発作を誘発する。
抗ヒスタミン薬 くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの鼻症状に用いられる。副作用として、眠気や口の渇きが起こることもある。
沈咳薬、去痰薬 沈咳薬は激しい咳を沈め、去痰薬は痰を排泄して咳を抑える。
うがい薬 喉が赤く腫れているときなどうがい薬で頻繁にうがいをするだけでもとても効果があります。
漢方薬 近頃は葛根湯などの漢方薬が市販されていますし、病院でも処方されるようになりました。

■自分でできる対処法

 温かくして寝る。これにつきると思います。熱いお風呂に入ってすぐに寝ることもよいでしょう。
日本では卵酒がよいと言われていますが、海外でも熱い紅茶にウイスキーやラム酒を入れたり、ワインやウォッカを温めて飲んでいます。その他生姜湯・チキンスープや野菜スープ・はちみつをたっぷり入れたレモンティーなどなど。昔から身体を温めることで免疫力が活性化すると分かっていたのでしょう。洋画を見ていると、子どもにホットミルクやホットチョコレートを飲ませてキルトにすっぽりくるんで寝かせる場面が出てきます。甘い飲み物と温かいキルト、そしてママの優しさで子どもは安らかな眠りにつくことができ、さすがの風邪もどこかに退散してしまうのでしょう。

■風邪の予防
 風邪は免疫力が下がったときに発症します。風邪をひいている人が一度くしゃみをすると周囲に10万個もの飛沫が飛び散り、空気中にウイルスがばら撒かれます。ラッシュアワーの電車の中はウイルスでいっぱいということになるのです。それでも風邪を引く人とそうでない人がいるのは免疫力の差だということになるでしょう。
 免疫力の2つの力
守りの免疫力 風邪のウイルスを体内に入れないように頑張っているのが「守りの免疫力」です。喉や鼻などの粘膜が第1関門となってウイルスの進入をブロックしています。しかし、寒さや乾燥、疲労や睡眠不足、栄養の偏りなどで粘膜が弱ると、ブロック機能が弱まり、風邪のウイルスを体内に侵入させてしまい風邪症状が現れます。鼻水や喉の痛みといった風邪の代表的な症状は、粘膜がウイルスと闘っている証拠なのです。鼻や喉の粘膜は乾燥に弱いので加湿器などで部屋の湿度を50%くらいに保つようにしましょう。次に大切なことは外から帰ったときには必ずうがいと手洗いをすることです。うがいによりウイルスや細菌を洗い流し、喉を潤すことができます。
攻めの免疫力 病原体と戦うのが顆粒球やリンパ球やマクロファージなどの白血球です。細菌と戦うのが顆粒球で、ウイルスと戦ってくれるのがリンパ球です。規則正しい生活による十分な睡眠と栄養補給で白血球の働きを活性化することが風邪予防の基本になるわけです。
■鍼治療
 インフルエンザの項でも書きましたが、普通の風邪の場合には鍼治療は有効です。熱を下げたり咳を抑えることも可能です。
 鍼治療でもっとも効果を発揮できるのは免疫力の活性化です。今までのコラムで、「鍼灸は血液循環を改善し、免疫力を高めます」と書いてきました。上にも書きましたが白血球には顆粒球、リンパ球、マクロファージの3種類があります。この3種類のバランスは自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスと密接に関係しているのです。つまり、鍼灸治療により白血球の働きを活性化すると同時に、顆粒球やリンパ球やマクロファージのバランスを整えることで風邪に罹りにくい身体を作ることができると考えられるでしょう。

ここが知りたい健康情報へ

ホームへ


Copyright (c) 2003 高原治療院 All rights reserved.
inserted by FC2 system