ここが知りたい健康情報   「胃潰瘍」
胃潰瘍
 胃潰瘍には、急性と慢性があり、急性では、突発的な胃の痛みや胸焼け、ひどいときには1度に大量の出血を起こすこともあり、医師の診察が必要な場合もあります。しかし、原因となっている強いストレスや、過度の飲酒、強い薬物などが取り除かれることで速やかに治癒することが期待できます。
したがって、ここでは慢性胃潰瘍について説明します。
 通常、胃は食べ物の消化のために、胃酸やペプシンを分泌しています。胃潰瘍は、何らかの原因で、その胃酸やペプシンが、胃や、十二指腸の粘膜までを自己消化してしまい、欠損(潰瘍)が生じた状態をいいます。粘膜が欠損すると潰瘍が粘膜の内側になる筋層まで達し、ひどい場合には、胃壁に孔が開いてしまうこともあるのです

■原因
.團蹈蟠櫃隆鏡 慢性胃潰瘍では高い確率でピロリ菌が検出されています。しかし、40歳以上では約75%の人がピロリ菌に感染しているといわれていて、多量の抗生物質による除菌は、副作用などを考えると考慮すべき点もあるようです。
▲好肇譽 いらいらや過労、睡眠不足や過度の緊張などのストレス。性格的に神経質で生真面目な人はストレスを抱え込んでしまい、慢性胃潰瘍に悩まされることになります。
刺激物の取りすぎ 過度の喫煙や飲酒、コーヒーや強い香辛料、熱すぎたり冷たすぎる食べ物なども原因になります。
痛み止めやステロイドなどの強い薬、慢性病での薬の長期服用も胃を荒らしてしまいます。
ニ衆暴食 暴飲暴食、早食いの癖、脂っこい食べ物の摂りすぎ、寝る前の食事などは胃に負担をかけてしまいます。
■症状
みぞおち辺りの腹痛 胃潰瘍は食後に痛むことが多く、十二指腸潰瘍では空腹時に腹痛が起こり食事をすると治まることが多いようです
吐き気・嘔吐・食欲不振・体重減少
吐血や下血
左の肩から背中にかけての痛み
口臭・酸っぱいゲップ・胸やけなど

■西洋医学的治療
1.胃酸分泌抑制薬・胃粘膜保護薬・運動機能改善薬などの薬によるもの。
2.内視鏡的治療により小さな出血をクリップで留める。
3.手術
の3種類が行われます。

■鍼治療
 上腹部の痛みに対しては、痛みのある箇所への刺鍼ですうっと楽になります。胃潰瘍では、左の肩から背中にかけての痛みやこりとして現れることが多く(関連痛)、左の肩から背中の反応点に対する鍼がとても有効です。また、脚の胃経のツボ、特に脚三里への刺鍼は効果が大きく、胃の蠕動運動や胃液の分泌を促すことが証明されています。
 慢性胃潰瘍の場合、全身状態が悪化していることも多く、全身常態、特に自律神経のバランス調整が重要です。手首の脈の微妙な状態を診ることで12経絡の変化を観察し調整することで、現代医学的には自律神経・ホルモン・免疫の調整、血液循環改善、自然治癒力を高める治療を行います。
 次に私が大切に考えていることが患者さんとのコミュニケーションです。患者さん自身が気づくことができずにいる心理的ストレスを見つけ出すことができれば、自律神経が調整され、慢性的な胃の痛みも楽になるでしょう。
 当治療院ではアイソトニックサウンドやリラシックサウンド、オルゴールや自然音などリラクシングミュージックをBGMに使うことで患者さんができるだけリラックスした状態で治療を受けられるように心がけています。
 現代はストレス社会です。ストレスを上手にやり過ごす工夫が必要でしょう。スポーツや趣味などで精神のバランスを保つことが大切です。また、鍼やマッサージなどでリラックスし、自分を労わってあげることは、慢性病を防ぎ健康を保つ秘訣だといえるでしょう。それと共に、十分な食事(特に良質のたんぱく質)や十分な睡眠の確保を心がけるようにしましょう。


ここが知りたい健康情報へ

ホームへ


Copyright (c) 2003 高原治療院 All rights reserved.
inserted by FC2 system